基本的に俺のメモ+α
『閃乱カグラ Burst –紅蓮の少女達-』公式サイト
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ははっワロス
2009年12月23日 (水) | 編集 |
池田3着で流してた('A`)

ドリームクラブ 亜麻音編 表紙01

やっと読み終わりました。ハーヴェスト出版より出ましたドリームクラブの小説です。
亜麻音編ということは、この後も別キャラで出るのでしょうか。多分出るんでしょうね。
帯に応募券がついていて、送ると「どりくらの絵本」なる物が当たるようです。
今回送れば第2回にもエントリーされて第3回にはエントリーされないということで、
最低3冊までは出るんですかね?

この表紙、リバーシブルで裏が

ドリームクラブ 亜麻音編 表紙02

森沢さんの表紙になっています。むちむちは正義。
というか、こっちが表紙の方が手にとってもらえそうな気はしますが。
こう北半球的な物が、ね。

内容は短編3章+数ページの超短編で、短編は後半に行くほどギャグ色が強くなっていきます。
読みながら思ったこと。魅杏は本名でモデル活動しているのに、
ETSハッピーじゃないと本名欄が埋まらないのはどうこうことだ?
そして、改めて思った。あの建物、平日はどうなっているの?
まぁそんな細かい所は突っ込んだら負けのような気がしますが。

第1章はカメラマンの主人公が酔ってたどり着いたドリームクラブの会員になる話。
第2章は夢野一郎が買物中の亜麻音とセッさんを見つけて大騒動になる話。
第3章は亜麻音ちんの妄想が暴走する話。

なんていうか、小説版の主人公達はドリイチに比べたら紳士的(本来の意味で)だなぁ。
ドリイチさんだったら、タッチイベントの時は迷わずπタッチするのに。
まぁでも最終的には(ry

しかし応募券のために帯に鋏を入れなきゃいけないのは抵抗が。
中のハガキで応募でもよかったのでは・・・
観賞用、保存用、布教用の3冊買えということですか?

面白かったので第2弾も買う予定。




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。